Any Day Now 映画 チョコレート・ドーナツ

I saw “Any Day Now” a few days ago.

This story is about two gay couple trying to raise a neglected child (boy) who with Down syndrome.
It describes some social issues such as homosexuality, mental disability, and neglected children.
Moreover, it also describes character description of love and bonds very well.
Tow gays suffer from discrimination and prejudice, but they really love the boy.
I was impressed by their true love.
This movie is so sad.
The last scene is so painful..

By the way, the main character sang “I shall be released” in the movie that was a masterpiece of Bob Dylan.

数日前に、映画「チョコレート・ドーナツ」(Any Day Now)を観ました。

これはゲイのカップルが、育児放棄されたダウン症の少年を引き取り、育てようとする話です。
同性愛、知的障害、育児放棄という社会問題が描かれています。
さらに、愛や絆といった人間の内面もとても良く描かれています。
この二人のゲイは、差別や偏見にさらされますが、この少年をとても愛するのです。
私はその純粋な愛に揺さぶられました。
悲しい映画です。
ラストはとても辛いです。

ところで、この映画の中で主人公が歌っていた「アイ・シャル・ビー・リリースト」はボブディランの名曲です。

The Mammoth (Within a distant time) マンモス展 (時空を超えて)

I went to see the Mammoth exhibition lately.
Some ancient creatures were discovered in the permafrost in Russian.
This exhibition showed some videos and the real ones frozen specimens.
I was so surprised about the videos.
They showed when the ancient creatures were just excavated.
They were very fresh. I mean they looked like died just yesterday.
Their skins, meats were in the fresh condition.
Can you imagine? They lived tens of the thousand of years ago.
One of them were a foal named “Fuji”.
Fuji was so small and had a very cute face.
Surprisingly, it remained not only the fresh skin and meat, but also blood and urine were inside of its body!!
I was sad of the death. It happened 42,000 years ago, but I felt like happened just a few days ago.
I felt that traveled beyond time and space.
No, it’s opposite! Fuji came to me beyond time an space and made me sad.

By the way, one of the members of this excavation team was a Kinki University professor.
His university has a big project “resurrection of mammoth”.
Actually, the project has progressed using the cloning technology.
They said that if they can get an frozen mammoth in more good condition, they will be able to create a new mammoth.
Wow…
Surely, we can get many information from the result, but I don’t like the idea.
It’s one life.
I don’t think we should create a new life of mammoth.
What do you think?

最近、マンモス展に行ってきました。
ロシアの永久凍土から古代生物(マンモス等)が発見されたのです。
この展示会では、ビデオと実際の冷凍状態に保存された標本で展示されていました。
いくつかのビデオにとても驚きました。
それは、まさに古代生物を発掘したばかりの時のものでした。
とても新鮮な状態で、それはあたかも昨日死んだところ・・に見えました。
その皮膚、肉が新鮮な状態なのです。
想像できます?それは何万年も昔の生き物なのです。
その中の一つに、「フジ」と名付けられた仔馬がいました。
フジはとても小さくて、可愛い顔をしていました。
驚いたことに、フジは新鮮な状態の皮膚や肉だけでなく、血液や尿がそのまま体内に残っていたのです!!
私はフジが死んだことが悲しくなりました。42000年も前のことなのに、つい数日前に死んじゃったような感覚でした。
時空を超えた感じがしました。
いえ、反対です。フジが時空を超えて私を悲しくさせたのです。

ところで、この発掘チームの一人に近畿大学の教授がいます。
彼の大学は「マンモス復活プロジェクト」という壮大な研究に取り組んでいます。
実際にそのプロジェクトはクローン技術を使い、進捗を遂げています。
もし、もっと良い状態の冷凍保存されたマンモスが手に入れば、マンモスを復活させることができるだろうと言っています。
うわー・・・
確かにそこから得られる新しい情報はたくさんあるでしょう、でも、良いこととは思えません。
一つの命なのに。
私はマンモスを復活させるべきではないと思います。
あなたは、どう思いますか?

 Fuji 

Carp on the cutting board まな板の上の鯉

A few days ago, I realized that Belle was panting when I was sleeping,
The last time she got trimmed that was in beginning of July.
Therefore, her hair grew again and must have been hot.
However, I didn’t want to take her to the groomers again, because she had a seizure there, and got a cough injection at that time.
She had dizziness for a half day after that.
I felt sorry for her.

Therefor, my husband trimmed her hair this time.
Belle was like a carp on the cutting board. (Laugh)
Japanese proverb; carp on the cutting board
(Doomed, at the mercy of fate)

My husband is good with his hands.👍
Next time, I’ll leave it to him again!😊

数日前、寝ている時にベルがハァハァしているのに気づきました。
最後にトリミングしてもらったのは7月の初めです。
毛がまた伸びて暑かったのでしょう。
でも、トリミングには連れて行きたくありませんでした。
前回、そこで発作が起き、咳止めの注射を打たれたのです。
ベルはその後、半日ほどフラフラ目眩がしているようで可哀想でした。

なので、今回は主人がトリミングをしました。
ベルはまるでまな板の上の鯉のようでした。(笑)

主人は器用な人です。👍
次回も、また彼にお任せしようと思います!😊

 I’m tired. 疲れた・・

COCOA app COCOA新型コロナウイルス接触確認アプリ

Japanese government recommends us to use the app “COCOA”.
The app will notify you if a person infected with covid-19 comes within 1 meter for 15 minutes.

My husband and I have the app and check it sometimes.
It was the night of the 25th, my husband said to me “Look at this!!”
When I looked at his smartphone, the app displayed that an infected person were close to my husband on the 20th.
He uses two trains to go to work, so I think that it happened in the train.

It was our first experience.
I was surprised and said, “Oh no! What should I do? You may need to take a PCR test!”
He had to answer some questions of the app.
After a while he said to me, “Oh, OK. I can spend my time as usual.”
“Really?”
I told him that if he wanted to take a PCR test, maybe he could take it, because he got the information from the app.
However, he didn’t want to.
I think that he was a little afraid of the test, because it seemed painful.🤔

Well, actually he got the information 5days after he had the problem.
I thought that if he infected with the virus, he must has some symptoms…
We are going to see a couple more days.

日本の政府は「cocoa」という新型コロナ接触確認のアプリを使うことを進めています。
そのアプリは、新型コロナウイル感染症の陽性者と1 メートル以内、15分以上の接触した可能性がある場合に通知がくることになっています。

主人と私はそのアプリを使っていて、時々チェックしています。
それは25日の夜のことでした。主人が私に「これ、見て!」と言いました。
彼のスマホの画面は、そのアプリが20日に陽性者と接触したと表示していました。
仕事に行くのに2本の電車を使います。その中で起きたのでしょう。

これは初めての経験です。
私はびっくりして、「わー!これは大変!PCR検査を受けないといけないかも!」と言いました。
主人はそのアプリの質問に答えなければなりませんでした。
質問が終わったあと、彼は言いました。「よかった!今まで通りに過ごしていいって!」
「ほんとに?」
私はもし検査を受けたいなら受けられると思うよ。アプリで通知があったんだから。」と言ったのですが・・
主人は受けたくないって。
PCR検査は痛そうだから嫌だったんだと思います。🤔

まぁ、その通知は陽性者と接触してから5日後のこと。
もし、主人が感染していたら、もう何か兆候が出ていると思うのです。。。
あと数日は様子見ですね。

 

 

Trigger finger バネ指

My middle finger of left hand has been in pain since mid last month.
I went to see a doctor 10 days ago.
He took X-lay and said “Your bone isn’t broken. I’ll give you cold compress. Surely, your finger is swollen. it’s for unknown reasons. Maybe your problem will go away in two weeks.
Do you play the ukulele? Good! It’s ok to play it anytime if you doesn’t feel pain.
Well, if you will be worried something, come again.”
The way of his explanation was like “it will go away by itself”.
Maybe he thought that why I came there with this minor symptom.
Therefore, I thought that I must have exaggerated.
However, this morning, I felt strong pain in my finger when I stretched it. Sad!!
I searched my problem on some web sites.
Finally I found what my problem was.
It was “trigger finger”! The symptom was exactly the same as mine.
I used my fingers too much. I often use my fingers, including the ukulele.
Should I see how it goes a little more, go to see the doctor again, or to see a specialist?
I can’t make up my mind…

左手の中指が先月の半ばから痛いのです。
10日ほど前に病院に行きました。
整形外科の医者はレントゲンを撮って、「骨は折れていないね。湿布を渡しますね。うん、確かに腫れてるね。原因不明ですね。
ウクレレ?いいねー、痛くなければいつでも弾いていいよ。まぁ、もし何か心配ならまた来てください。」
彼の説明は自然に治るよ、みたいな・・。
何でこんなことぐらいで来るの?と思ったかもしれません。
なので、私って大げさなんだなと思いました。
でも、今朝、指を伸ばしたとき、強い痛みが走ったのです。悲しい〜。。
ネットで調べました。
やっと、まったく同じ症状のものを見つけました。
「バネ指」です!症状がまったく同じでした。
指の使いすぎですね。ウクレレも含めて、指を使うことが多いです。
もう少しこのまま様子を見るか、もう一度同じ病院に行くか。それとも専門医のいる病院に行った方がいいのかなぁ。
悩みます。。

Good-bye Maro-kun まろくん、さよなら

I received a message from one of my friends.
Her pet dog “Maro-kun” passed away in July.
(I wrote his journal here before.)
Maro-Kun was 17 years old and passed away in his sleep.

Maro-kun loved my friend.
He must have thought that my friend was his mom.
Sometimes I’ve heard his cute stories from my friend.

For example..
—Whenever my friend went upstairs, Maro-kun cried at the bottom of the stairs, because he couldn’t go up to the stairs himself.
I thought that he wanted to be with her all the time.
—When my friend went on a trip to Hokkaido, Maro-kun was in a pet hotel.
My friend received a phone call from the pet hotel on the second day.
“Your dog hasn’t done pee since you left him here. His bladder is bulging! You should go back here soon!”

I liked listening to his stories from my friend very much.
I always felt my friend’s warm heart.
She loved Maro-kun so much.
Maro-Kun was a really lovely happy dog.

I hope Belle could die of natural causes, like Maro-kun.
Good-bye Maro-kun. (Aug. 8th)

友達からLINEが来ました。
彼女のペットの犬、まろくんが先月、亡くなったという連絡でした。
(まろくんの事は、以前ここに書いたことがあります)
まろくんは17歳。大往生でした。

まろくんは私の友達のことをお母さんのように慕っていました。
彼女から時々、まろくんの可愛い話を聞きました。

こんな話です。。
—友達が二階に上がるたびに、まろくんは階段の下で泣いていました。彼は一人で上がれなかったんです。
片時も彼女から離れたくなかったのでしょうね。
—友達が北海道旅行に出かけた時は、まろくんはペットホテルに預けられていました。
旅行の二日目にそのペットホテルから電話があったのです。
「ここに預けられてから一度もオシッコをしてくれないのです。膀胱がパンパンです。すぐに戻ってきてください!」

私は友達からまろくんの話を聞くのが大好きでした。
いつもまろくんに対する温かい気持ちが伝わってきました。
彼女はまろくんをとっても大事に思っていました。
まろくんは本当に愛らしい幸せなワンコでした。

ベルもまろくんのように、天寿を全うできるといいのになと思います。
さよなら、まろくん。(8月8日 記)

International Space Station 国際宇宙ステーション”きぼう”

I saw the space station (ISS) in the sky last night!
The figure was like a star, but actually was an artificial thing!
As you know, it has solar panels, so is an unique shape.
Of course I couldn’t see the outline though.
Anyway, I was so excited when I found it!!
Actually some people are working in the station, right?
Wow…
I waved to them. 😊👋
ISS was moving a little faster than airplanes.
It was brighter than I expected.

When I’m thinking about universe, I always remember my brother’s words.
He said to me “If you keep going up to the sky, the sky will be getting darker, because the outside of the earth is dark” when I was a child.
It made me a little scared and excited.
Even now, I’m a little afraid of the dark, so I don’t want to go in space.
Therefore, I was so happy to see ISS in space with my naked eyes!! (5th July)

昨夜、宇宙ステーションを見ました!
星のように見えますが、実際は人工物なのです!
ご存知のように、宇宙ステーションはソーラーパネルが取り付けられていて、ユニークな形です。
もちろんその輪郭を見ることはできませんけどね。
とにかく、それが宇宙ステーションだとわかったとき、とても興奮しました!
実際、その中で人々が働いているわけでしょ?
わーお。。。
彼達に手を振りました。 😊👋
宇宙ステーションは飛行機よりも少し早く移動していました。
想像してたより明るく見えました。

宇宙のことを考える時、子供の時に聞いた兄の言葉をいつも思い出します。
「もし空に向かってどんどん上に上がって行ったら、空はだんだん暗くなるんだよ。地球の外、宇宙は暗いからね。」
ちょっと怖くて、でもワクワクしました。
今もやっぱりその暗さは怖いです。だから宇宙には行きたくないな。
なので、この目で宇宙にいるISSを見ることができてとっても嬉しかったです!(7月5日 記)

Sturgeon Moon スタージャンムーン

Today, I’d like to write about the name of full moon. 🌕
This journal is an homage to my brother’s journal.
Well, recently we call full moon by each nick name.

Long time ago, Native American named each full moon.
They understood season by the names.
I guessed it was like a calendar.

・January : Wolf Moon
・February : Snow Moon
・March : Worm Moon
・April : Pink Moon
・May : Flower Moon
・June : Strawberry Moon
・July : Buck Moon
・August : Sturgeon Moon
・September : Corn Moon
・October : Hunter’s Moon
・November : Beaver Moon
・December : Cold Moon

This month (August) is “Sturgeon Moon”.
By the way, I learnt Sturgeon was not a shark.
Oh, I didn’t know that!
Speaking of Sturgeon, a lot of people think of caviar, right?
My brother did so, and of course me too.

My bed is on the second floor.
When I go to bed, I can see the moon through the window at the middle of the stairs.
If it’s full moon, I usually go out on the balcony and wave to the moon.😊👋
I saw two stars beside the moon last night (3rd).
They were Jupiter and Saturn.
Wow, I felt like I was in a space! 🚀 (on 4th Aug.)

今日は満月のことを書きたいと思います。🌕
これは私の兄のブログ記事へのオマージュとして書いています。
さて、最近、満月をニックネームで呼ぶようになりました。

昔、アメリカの先住民が満月に名前をつけました。
季節を把握するためだったのですね。
たぶんカレンダーのようなものだったのでしょう。

・1月:ウルフムーン
・2月:スノームーン
・3月:ワームムーン
・4月:ピンクムーン
・5月:フラワームーン
・6月:ストロベリームーン
・7月:バックムーン
・8月:スタージャンムーン
・9月:コーンムーン
・10月:ハンターズムーン
・11月:ビーバームーン
・12月:コールドムーン

今月8月はスタージャン(チョウザメ)です。
ちなみにチョウザメは鮫ではないそうです。
へ〜、知らなかった〜!
チョウザメと言えばキャビアですね?
兄もそう思ったみたいです。もちろん私も。

私の寝室は二階にあります。
階段の途中の窓から月が見えます。
もし満月なら、たいていそのままバルコニーに出て月に手を振ります。😊👋
昨夜(3日)は月のそばに星が二つ見えました。
木星と土星です。
わー、宇宙にいる気分!🚀(8月4日 記)

Run into her 偶然の再会

I heard the melody of this Japanese song on TV and crashed on it immediately.
When I listened to the full version on YouTube, I thought that the lyrics were also very nice.
Therefore, I tried to translate the lyrics in English.
I hope you can imagine the story.

テレビでこの曲のメロディーを聴いてすぐに好きになりました。
YouTubeでフルバージョンを聴いた時、歌詞もすごく素敵だなと思いました。
なので歌詞を英語にしてみました。
この曲の物語をイメージしてもらえたら嬉しいです。


I couldn’t talk to you back then, but I was a little into you.
But now, we can laugh together without being shy being so close.
Here’s to the days gone by.

Sometimes I met you and bowed lightly in the bus.
Such a thing made me so happy.
We had a nice chat if with our friends.
It was a unique relationship, wasn’t it?
Everyone was laughing.

I heard you had moved somewhere.
I didn’t expect to run into you here.
I don’t think it was for love or romance, but I just wanted to see you.
I heard that like the sound of knocking on the door of my heart.
Past days are like tapestries and we weave our stories.
We met by chance in our stories.

Did you change your hair style?
I was trying to get in touch.
You told me before that you liked museums, right?
I wanted to ask you, “Would you like to go with me?”
Do you come here often? This is my second time.
I didn’t expect to run into here.

I couldn’t talk to you back then, but I was a little into you.
But now, we can laugh together without being shy being so close.
I heard that like the sound of knocking on the door of my heart.
Past days are like tapestries and we weave our stories.
We met by chance in our stories.

あの頃なら話せなくて ただ何となく意識してた
でも今ならテレもせずに こんな距離で笑いあえてる
そんな月日にふたりで乾杯

たまに会うバスの中 会釈くらいで
たったそれだけで 嬉しかった
友達と一緒なら 会話も弾む
へんな関係だよね みんな笑っていた

引っ越ししたって 聞いてたけど
こんな場所で 突然会うなんて

愛でもない恋でもない ただ会いたいと思っていた
閉ざされてた心の扉 叩くような音が聞こえた
時が紡いだ 偶然の再会

髪型変えたんだね 元気だった?
連絡取ろうって 思ってたんだ

美術館好きだって 言ってたよね
一緒にどうかなって 誘いたかったんだ

ここはよく来るの 僕は二度目さ
こんな場所で 突然会うなんて

あの頃なら話せなくて ただ何となく意識してた
でも今ならテレもせずに こんな距離で笑いあえてる
閉ざされてた心の扉 叩くような音が聞こえた
時が紡いだ 偶然の再会

Kaleidoscope 万華鏡

I like to make something.
When I throw my old clothes away, I usually remove the buttons and beads from my clothes and keep them.
One day, when I was watching the collection, I thought that they could be a material for a kaleidoscope.
I searched how to make it and learnt it on the Internet.
It was like a children’s homework on summer vacation.
(In Japan, we have a long vacation on summer.)
It was fun!!😁
Look at the pictures.
They are beautiful, aren’t they?✨😊

私は何かを作ることが好きです。
古着を捨てる時、いつもボタンやビーズを取り外して保管しています。
ある日、そのコレクションを見ていたら、これは万華鏡に使ったらうまくいくんじゃないかと思いました。
ネットで検索し、作り方を調べました。
子供の夏休みの工作みたいでした。
(日本は、長い夏休みがあります。)
楽しかった!!😄
写真を見てくださいね。
ほら、綺麗でしょ?✨😊